LOHAS

春はニキビの季節!? 「新規ニキビ」を作らないための食事+スキンケアのコツ

2017.04.13

ポカポカ陽気の春。外に出るのが楽しくなる季節でもあります。

が、しかし、肌のコンディションがイマイチだったらどうでしょう。

特に、ポツリとニキビができていては、せっかくの気分も台無し……。「いきなりニキビができた」「治ったと思ったらまたできた」このような悩みを抱えている方も多いのでは? そう、実は春はニキビができやすい季節でもあるのです。 ここでは、春にニキビができやすい理由と予防・改善するための食事やスキンケアを紹介していきたいと思います。

 

春にニキビができやすいのはなぜ?

春には気候や環境など、さまざまな“変化”がつきもの。

それに伴い、ニキビができやすくなる要素もたくさんあるのです。早速チェックしていきましょう。

  (1) 気温の変化   春の気温は不安定です。暖かい日があったかと思えば、急激な気温の低下。1日のなかでも、朝晩の気温の変化が大きかったり。すると、肌はその気温の変化に対応しきれずに、バリア機能が低下したり、皮脂の分泌量が不安定になったりしてバランスを崩しやすくなります。  

(2)紫外線量の増加 まだまだ日差しは弱いように感じるかもしれませんが、3~4月を境に紫外線量は増加。紫外線を浴びた肌は角質が厚くなり、毛穴がふさがってニキビができやすくなります。さらに、肌の水分が蒸発することでバリア機能が低下。ニキビを作らないためにも紫外線対策は必須です。

(3)ライフスタイルの変化 仕事やプライベートなど、ライフスタイルの変化も多い春。食事や睡眠などの生活習慣の乱れ、疲労・ストレスが溜まって自律神経のバランスが乱れることも、ニキビの原因となります。 どれも春特有の要因ですよね。次に、これらのニキビを誘発する要因に負けないための対策をお伝えします。

 

食事でニキビを予防・改善する方法

まずは、食事から。ニキビの予防・改善のために摂ったほうが良いとされる栄養素は下記のとおり。  

  • ビタミンA・・・皮膚や粘膜を丈夫にする(ピーマン・にんじんなど)
  • ビタミンB2・・・皮脂の分泌量をコントロールする(レバー・卵・乳製品・納豆・葉菜類など)
  • ビタミンC・・・皮膚・粘膜の健康維持、美白、免疫力アップ(果物・野菜など)
  • ビタミンE・・・抗酸化作用、血流改善(ナッツ類、植物油、魚介類、かぼちゃ、アボカドなど)
  • タンパク質・・・健やかな肌を作る(肉・魚・卵・乳製品など)

  ビタミンB2、Cは水溶性の栄養素で体外に排出されやすいのでこまめに摂取すること、A、Eは脂溶性の栄養素で体内に蓄えられやすいので摂りすぎには注意が必要です。 また、ビタミンACEは「ビタミンエース」とも呼ばれ、一緒に摂ることで互いの働きを高めあう相乗効果に期待されています。摂取時の参考にしてみてくださいね。  

 

スキンケアでニキビを予防・改善する方法  

最後は、スキンケアでニキビを予防・改善する方法です。  

(1)保湿を徹底する 気温が上がってくると、スキンケアをさっぱりタイプに変える方が増えてきます。それなのにどういうわけかベタつく……。それ、角質層の水分が不足して肌内部が乾燥する“インナードライ肌”かもしれません。インナードライ肌になると、肌が潤いを保とうと皮脂を過剰に分泌するため、ニキビができやすくなります。保湿はしっかりとおこないましょう。 オススメはシートマスクの使用。ALFACE(オルフェス)には、保湿+αの効果に期待できるシートマスクが6種類あるのですが、ニキビができそうなとき、もしくはできているときには「ピュアブラック」はいかがでしょうか。竹炭が配合されたシートが毛穴の汚れを吸着、ビタミンC誘導体が肌トーンアップに働きかけます。 筆者も愛用しているのですが、シートが柔らかく肌ざわりに優れており、それでいてピタッと密着。優しく肌を包み込んでくれるので、刺激・違和感を感じません。この使用感は、試してみる価値アリですよ。

 (2)紫外線対策は抜かりなく 上記でもお伝えしたとおり、紫外線はニキビの大敵です。日焼け止めは、適量をこまめに塗り直すようにしたいところ。日焼け止めは、肌に馴染んでいないと十分な効果を発揮しないと言われているので、外出の30分前には塗っておくようにしたいところです。

  (3)コットンでのパッティングは控える コットンに化粧水を出して、パタパタ。目には見えない小さな傷を作り、そこから水分が蒸発して肌が乾燥する恐れがあります。敏感に傾いている肌やニキビができている肌にとっては刺激になるので、化粧水は手のひらに出して優しく馴染ませるようにしましょう。   いかがでしたか? ニキビのない肌を目指して、日々のお手入れを頑張りましょう。  

WRITER

高木沙織

ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー 高木沙織 2度の海外留学を経て、航空会社で勤務。退職後は、「まずは自分が試してみる!」という実践美容をモットーに、フットワークの軽さと行動力を生かして、美容ライターの活動をスタート。 “美容と食には密接な関係がある”ことから、『ジュニア・スーパーフードマイスター』『スーパーフードマイスター』など、複数の「食」に関する資格を取得し、ビューティーフードアドバイザーとしてフード系のイベント講師・執筆に携わる。 2016年からはヨガインストラクターの活動も開始。多角的に美容・健康をサポートする。

RECENT ENTRY

おすすめ記事

新着記事