LOHAS

化粧水のコットンパッティングが肌を傷める原因に!?一番優しいスキンケアとは?

2017.09.07

スキンケアで化粧水を使う時、手でつけますか?それともコットンでつけますか?

これは化粧品を扱うブランドによってもおすすめの方法が違い、美容雑誌などに書いてあるHOW TOも様々です。

中でも一番肌に刺激があると思われるのが、コットンパッティング。なぜコットンパッティングが肌を傷めるのでしょうか?

一番肌を傷めずに優しくスキンケアができるのは一体どんな方法でしょうか?

 

コットンの摩擦がシミやシワの原因に

化粧水は必ず手で付けなければならない、というわけではありません。しかし、コットンを使うことによって肌を傷めてしまう場合がありますので、注意か必要です。

肌に優しいオーガニックで作られたコットンといっても、コットンは綿の繊維でできています。綿といえばTシャツやタオルも綿100%のものが多いですよね。優しい繊維とはいえ、Tシャツやタオルでゴシゴシと肌をこすれば、傷める原因となってしまいます。それと同じように、コットンで肌をゴシゴシこすったり、強くパッティングをしてしまうと肌を傷めることに。コットンの摩擦によって肌に小さな傷ができたり、炎症が起きてシミの原因になる場合もあります。目には見えない小さな傷や炎症が、やがて大きな肌トラブルとなってしまうのです。

肌は想像以上に外部からの刺激にデリケート。化粧水を手で付けるにしても、コットンで付けるにしても、肌を労わるように優しくお手入れしましょう。

 

化粧水をケチると意味がない

どんなに高価なブランドコスメで肌に良さそうな成分が入っていても、化粧水はケチると意味がありません。それどころか肌を傷める原因になる場合も。特にコットンで化粧水を付ける時は要注意。ケチって化粧水を少ししか出さないと、コットンによる摩擦で肌を傷めてしまいます。

どんなに肌に良さそうな美容成分でも、乾燥した肌には浸透していきません。化粧水は肌に水分をしっかりと補給して、その後に使う美容液の効果を高める役割があります。高価な化粧水をケチって使うくらいなら、肌に合ったリーズナブルな化粧水をたっぷり使うほうが断然効果的です。

 

パッティングよりハンドプレスを

コットンに化粧水を含ませてパッティングをすれば、肌により浸透すると思われる方が多いかもしれません。テレビを観ながら何分もコットンパッティングをしている方もいるようで、肌にとっては大変危険なことだと感じます。

化粧水をつけたらするべきことは、パッティングよりもハンドプレス。化粧水を肌の奥に浸透させるイメージで、手の平全体で優しく顔を覆ってなじませます。この時にゆっくりと深呼吸をするとリラックスしてよりスキンケア効果も高まるでしょう。化粧水だけでなく、美容液、乳液、クリームなどスキンケアアイテムを使うたびにハンドプレスでなじませるのがおすすめです。

 

優しいスキンケアにはシートマスク

コットンパッティングが肌を傷める原因になるなら、化粧水は手で付けるのが一番いいのか?答えはイエスでもあり、ノーでもあります。コットンよりも手で付けるほうが肌にダメージを与えにくいのでおすすめですが、それよりもっと簡単で効果的な方法があります。それはシートマスクを使うこと。美容成分でヒタヒタになったシートマスクを、洗顔後すぐの肌に乗せる。肌になじませている間に着替えなど他のこともできるので、忙しい時のスキンケアにも大活躍。

 

ALFACE(オルフェス)のシートマスクは、柔らかいシートが肌にぴたっと密着。様々な美容成分が配合されたシートがあり、肌の状態に合わせて選べるのも嬉しいです。肌に刺激を与えることなく、潤いと美容成分をしっかりとチャージ。化粧水をコットンで付ける派の方も、手で付ける派の方も、ぜひ一度ALFACE(オルフェス)のシートマスクでスキンケアをしてみてはいかがでしょうか。

 

私たちの肌は想像以上にデリケートです。コットンだけでなく、指で擦ったり、頬杖をついたりもNG。肌に刺激を与えるものには充分注意をして、優しいお手入れを心がけて下さいね。朝晩、洗顔の後はALFACE(オルフェス)のシートマスクでのスキンケアがおすすめです。

 

WRITER

飯塚美香

キレイナビ代表・美容家 飯塚 美香 キレイナビ運営の他、JPMパーソナルメイクアドバイザー、コスメコンシェルジュ等の資格を生かし、全国各地でメイクレッスンや美容イベントを開催。また、サプリメントプロデュース、通販番組出演など美容家としても活動中。 WEBSITE

RECENT ENTRY

おすすめ記事

新着記事